頭皮マッサージグッズの使い方の注意点

頭皮ケアはマッサージグッズを使ってもよい

指を使った頭皮マッサージの方法はすでに紹介したとおりです。

 

頭皮マッサージの方法

 

ですが、指ではどうしてもうまくマッサージできないとか、指が髪に触れる感触が苦手、という人もいるでしょう。そんなときは、マッサージグッズを使うのも手です。ただ、マッサージグッズはさまざまな種類があるので、どれが効果的なグッズなのか、あるいは使っても大丈夫なのか迷うこともあるでしょう。

 

結論から言うと、自分が「気持ちいい」と感じるグッズであれば、何を選んでも大丈夫です。頭皮を傷つけないように注意さえすれば、グッズに関してはたいてい問題はありません。刺激が強いと感じるようなら、力を弱めるなどして対処すればいいのです。

 

むしろ気をつけたいのは、頭皮マッサージを過信しすぎないことです。たしかにマッサージをすることで頭皮の硬さをやわらげたり、凝りをほぐすことはできますが、だからといって抜け毛が目に見えて改善するというわけではありません。マッサージグッズを使って適切に頭皮ケアをすれば血流改善ができ、ある程度の薄毛対策にはなりますが、どちらかというとストレス解消やリラックス効果のほうが大きいです。薄毛・抜け毛対策の本質は頭皮を清潔にし、うるおいを持たせて頭皮環境を健康に維持することのほうが大切なのです。

 

マッサージグッズの使い方注意点

 

「気持ちがいい」程度にとどめる

 

強くマッサージするほど効果が高いと思われる方もいるようですが、心地よく感じる強さを超えてしまうと頭皮を傷つけることになりかねません。頭皮マッサージの目的は血流改善なので、自分が気持ちよく感じる強さを維持するようにしましょう。

 

また、同じ個所をずっとマッサージしたり、長時間マッサージするのも頭皮にはよくありません。刺激を与えすぎないよう、10分程度に抑えたほうがよいでしょう。

 

頭皮を傷つけないようにする

 

いろいろな種類のマッサージグッズが発売されています。基本的には何を選んでもよいですが、硬すぎる素材のものは避けたほうがいいでしょう。頭皮に刺激を与えすぎない柔らかい素材のものを選ぶとよいでしょう。販売店に行って実際に使ってみてから購入するのがおすすめです。

 

また、金属などでできているものをマッサージグッズとして代用すると、頭皮にダメージを与える可能性があるのでNGです。

 

なお、マッサージグッズは頭皮に触れるものです。ブラシなどと同じく、定期的に洗浄して清潔に保つようにしましょう。洗わないで使い続けると、雑菌が繁殖して頭皮環境を悪化させてしまいます。


関連ページ

頭皮環境に合わせたシャンプー選び
髪を清潔に保つためにシャンプーは必須ですが、シャンプーの刺激が頭皮環境を悪くしてしまうこともあります。自分の頭皮環境に合ったシャンプーを使うことが重要となります。
正しい髪の洗い方でシャンプーの効果を高める
シャンプー選びができたら、あとは実際に髪を洗ってみましょう。その際、洗い方に注意することで、シャンプーの効果を高めることにつながります。逆に、洗い方が間違っていると頭皮環境を悪くすることにもなるので気をつけましょう。
タオルドライとドライヤーを活用して髪を乾かす
髪を洗った後は髪を乾かしますが、その方法にも工夫が必要です。髪が濡れたまま放置したり、いい加減にドライヤーを使うと頭皮に負担をかけてしまい、薄毛に繋がってしまいます。
頭皮マッサージの方法と注意点
頭皮の血行を良くすることも薄毛対策には重要です。血行促進には頭皮マッサージが効果的ですが、実は思わぬ注意点があります。
薄毛を解決のためには紫外線対策も必要
紫外線はお肌の天敵ですが、実は髪の毛や頭皮にも悪影響を与えます。きちんと対策をして頭皮環境をケアしましょう。